kuriyan60

還暦くりやん旅に出る

若き時代にバッグパッカーとしてアメリカ大陸横断を果たしたくりやんが還暦を向かえ再び海外旅行に挑戦します。また海外SIMなど個人旅行で必要な事柄を備忘録として記事にしています。

LINEPay

8 2月

LINEPayが台湾とタイで使える

LINEPayが台湾とタイで使えるようになっています。
LINEPayを通じてクレジットカード払いをします。
少額決済に便利ですね。

Screenshot_20200208-081849
支払い画面で「日本」をタップすると、国選択画面になります。

Screenshot_20200208-074247

Screenshot_20200208-074338
「台湾」や「タイ」を選択すると、日本円の残高やポイントは使えませんが、支払い方法が登録クレジットカードになります。

Screenshot_20200208-074425
時刻は現地時間に変更されます。


 QRコードを通してクレジットカード会社にクレジットカード番号、決済金額と決済通貨が送られ、クレジットカードによる決済として決済されます。この際、クレジット会社既定の日本円と台湾ドルやタイバーツとの間の為替手数料が必要なのは、通常のクレジットカードで決済されるときと同じです。

 ポイントについては未確認ですが、日本で使えるLINEポイントとクレジットカード会社のポイントが決済金額に応じてつくようです。





4 4月

タイAISのSIM2Flyに久しぶりにTopUpした

前回のチャージ(以下TopUp)は、2018/08/09で残高 310.78Bahtになっています。
有効期限は、今年の2019/09/09までです。
 なお、詳しい操作方法は過去の記事を参考にして下さい。今回は主なところのスクリーンショットのみです。

Screenshot_20190403-213750_1

今回、TopUpするときに使う、LINE Payアプリに登録されている決済用クレジットカードについて、本人確認済み未確認の2種類のカードに取り換え決済できるかどうかという実験をします。


1. 決済に使うLINE Payアプリにこれまで通りANA JCB プリペイドカード(本人認証済み)でRabit LINE Payで10BHTを決済します。なお、このプリペイドカードには決済するに十分な額をチャージ済しています。
Screenshot_20190403-214124_1
 このANA JCBプリペイドカードは、JCBにて本人認証済みです。
Screenshot_20190403-214153
 10Bathの決済
Screenshot_20190403-214037_1_1

Screenshot_20190403-214220
 いつも通り10BHTチャージ出来きました。JCBへの支払いは35円でした。


次に
2. 決済に使うLINEPayアプリで、Kyashのリアルカードに登録を切り替え、決済できるか試します。
 このリアルカードは、VISAブランドでカード表面の名義はKYASH MEMBERですので本人確認が出来ないタイプのカードです。
 なお、即時決済チャージ用には楽天カードVISA(本人認証済み)を紐づけています。
Screenshot_20190403-214312_2

Screenshot_20190403-214331


Screenshot_20190403-214347
 このカードでも10Baht TopUp出来て、残高が330.78Bahtになりました。
Screenshot_20190403-214434_1
 有効期限は、2回のTopUpで2ヶ月延びて、2019/11/08になりました。
 2回の決済について、LINEPayアプリでも確認出来ています。
Screenshot_20190403-222040_1
 Kyashでの引落額は10Bahtは36円でした。ANA JCB プリペイドカードより1円高くついています。



続いて
 決済にRabit LINE Pay を経由せず、直接日本で発行された上記2枚のクレジットカードを使って10baht決済する実験です。
 Credit Card/Debit Cardで、カードブランドを選択し、カード番号を入力します。


1. ANA JCBプリペイドカード(本人認証済み)
  決済完了直前の、J/セキュア画面まで行き、パスワード入力して、くるくるしてSorry画面が出てチャージ出来ず。
Screenshot_20190403-214841

Screenshot_20190403-214632

次に
2. KyashのVISAリアルカード(本人確認なし、名義はKYASH MEMBER)をクレジットカード払いとして10Bahtを指定し、決済ボタンを押すと、3Dセキュア画面に遷移する前で、Sorry画面が出てチャージ出来来ませんでした。
Screenshot_20190403-214829
 このあと上のSorry画面が出る。
Screenshot_20190403-214632


結論:日本のクレジットカードで直接決済はまだ出来ないので、従来通りLINEPay経由でクレジット決済するしかない。しかし、LINEPayにKyashのような本人名義でないカードを登録しても決済可能ということが分かりました。


追加:PCからAISのwebサイトログインして、日本発行のクレジットカードでTopUpしても相変わらず決済できないことを確認しました。


おまけ:Baht>円の為替決済手数料について
 ANA JCB プリペイドカード 1.6% 10Baht>35円
 Kyash(バーチャル/リアル) 4.0% 10Baht>36円


(参考)2018年12月時点での為替手数料とキャッシュバック率
ANA VISA プリペイドカード 3.0%
ANA JCB プリペイドカード 1.6%(有利) キャッシュバック0.5%(不利)
Kyash(バーチャル/リアル) 4.0%(不利) キャッシュバック2%(有利) 
au WALLETプリペイドカード 4.0%
dカード プリペイド 4.0%
LINE Payカード 4.0%
mijica(JPミヂカ) 4.0%
楽天カードVISA 1.63%
18 3月

海外で使えるLINEPay VISAカードに期待する

発行は2019年秋のようだが、LINEPay の決済用クレジットカードが、VISA  payWaveでタッチ(NFC非接触)決済に対応するようだ。


(2019/11/17追記)11/14からVISAデビットカードがAndroidスマホのNFC版GooglePayに登録できるようになった。(登録してみた)
LINEPay の決済用VISAクレジットカードの発行は遅れているので、まだ使えない。






今ある下のJCBプリペイドカードではないLINE Pay カード
  これじゃない。


NFCについて
 NFC-A (Type-A) : MIFARE NXP (ISO-1443/A)
 NFC-B (Type-B) : Type-B Motorola (ISO-1443/B)
 NFC-F (Type-F) : FeliCa Sony (JIS X 6319-4)


NFC非接触決済について
1. Felica(日本独自のNFC非接触決済はガラパゴス規格)
 日本だけの規格であるソニーのFelicaを利用した交通系カードSuica、ICOCAや電子マネーEdy、nanaco、WAONなどは規格の異なる海外では使えない。




2. NFC(TypeA/B)
 
TypeA/Bは、日本でも運転免許証やタスポ、住民基本台帳などに使用されているが、日本以外の海外で使用拡大中
主なTypeA/Bの電子マネー
 MIFARE(マイフェア)
 VISA payWave(ビザ ペイウェーブ)
 PayPass(マスターカードペイパス)


3.LINE Pay Visa クレジットカード(仮称)payWave付き
 TypeA/B なので海外でタッチして使える(為替手数料と決済手数料が別途必要)
 クレジットカード本体でもタッチして使える
 おサイフ携帯としてLINE Payに紐づけるとタッチして使える(海外でもらしい)


海外でタッチ決済できるようになると
 電車やバスでピッ!
 ショッピングでピッ!
 外貨両替や外貨のおつりの額が減るメリット(海外旅行者必携)
 実際に使えるお店は限定されると思うが、ヨーロッパは期待できる。


(2019/03/26追記)
LINEPay VisaPayWaveを手に入れるまでは、住信SBIのVisa payWave 付きのデビットカードで海外対応することにした。
P_20190823_185011_vHDR_On


(2019/03/27追記)VISAの定める為替レート及び銀行為替手数料の調査

英語の翻訳文
 Visaは、国際的に旅行するときに安全で便利で費用対効果の高い支払い方法をカード所有者に提供することを約束します。下のコンバータを使って、Visaカードを使うときに受け取る可能性のある料金を確認してください。
 料金はVisaが取引を処理した日に適用されます。これは実際の取引日とは異なる場合があります。
 通貨は毎日変動します。表示されているレートは2019年3月27日にビザに提出された取引に有効であり、銀行の外国取引手数料は0.0%です。

Visaの定める為替レート2
 銀行為替手数料が0.0%(上)
海外でUSドルで支払って、住信SBIのUSドル口座で支払う場合

 住信SBIの為替手数料2.5%(下)
海外でUSドルで支払って、住信SBIの円口座で支払う場合。
Visaの定める為替レート1
 2019/03/27 では、110.6円に対して2.77円(2.5%)かかる。

仮に100ドル(11,070)円分決済すると銀行為替手数料として277円取られることになる。
これはクレジットカードの海外キャッシングの手数料と利息の合計と比べてどうだろうか。

いずれにせよ、円高時にUSドルを買ってドル口座に入れておき、海外旅行使用時にそれより円安ならUSドル払い、2.5%以上の円高なら円払いで、ということかな。



25 3月

タイAISのSIM2Flyにチャージする(LINE Pay で支払い編 )

前回は Mobile Top Up を利用して50バーツ分チャージし、有効期限を1ヶ月先に延ばすことができました。今回は、日本のクレジットカードをLINE Pay に登録することにより、AISのSIM2Flyに10バーツ分Topup=チャージした時の備忘録です。

(2018/07/15)久しぶりに自分のこのブログを見ながら期間延長目的のチャージ(Topup)をしました。様子をページの最後に追記しました。
(2018/07/26追記)SIM2Flyが中国本土でも使えるようになり、SIM2Flyがますますパワーアップしました。
(2018/08/10追記)有効期限を1年に延ばしてみた。
(2018/08/10追記)ログイン出来ないエラーが発生することが多い。
(2018/08/16追記)ログイン出来ないエラーが出なくなってきた。
(2018/08/22追記)今週は毎日ログイン出来る。AISのシステム安定化。
(2018/11/16追記)久しぶりに残高確認。310.78Baht。
(2019/04/04追記)久しぶりにTopUpし残高330.78Bahtになる。
(2019/04/13追記)ベトナム・ブルネイが追加、タイ国内でも使えることに?

 去年、LINEがタイRabbitと提携して、日本のスマホ決済の一種であるLINE Pay が向こうでも使えるようになったそうです。地下鉄BTSやコンビニなどの支払い時にQRコードを見せて支払えるのです。
 さらにネット上を調べると、タイ携帯電話料金もこれで支払えるとの情報を得ました。日本のクレジットカードでは直接支払えなかったものが、LINE Pay を中にかますことで支払えることになったのです。

日本のクレジットカードー>支払いNG->AIS 
日本のクレジットカードー>LINE Payに登録->支払いOK->AIS

 手元にあるタイ通信大手AIS社のSIMに少額の10バーツ=33円分をTopup=チャージに挑戦してみたところあっけなく支払いが出来ました。このチャージの目的は海外旅行者御用達であるAISのSIMの有効期限を、チャージすることによって延長できることにあるのです。


※準備
LINEアプリのLINE Payに決済用クレジットカードを登録しておく。
 本人認証サービス(J/SecureやVISA認証サービス)が済んだクレジットカード
Google PlayからMy AISアプリを入れておく。
SIMをタイAISのSIM2Flyに変更して、softbankの電波を掴んでおく。

※本番
ログイン画面で、SIMの電話番号092-xxxx-xxxxを入力すると、SMSでOTPが飛んでくる。
Screenshot_20180320-150128
OTPの数字を入力してログイン(写真は前回のOTP)
Screenshot_20180324-213349
現在の残高は150Bで有効期限は4月27日です。
Topupの画面に行き、Rabbit LINE Payで10B支払うことにしてNEXT
Screenshot_20180324-222242
AIS側のLINE Payの支払い画面が出てきて、OKなら決済ボタンを押す。
Screenshot_20180324-222521
ぐるぐるが出て
Screenshot_20180324-222506
今度はLINE Pay 側の支払い画面が出てきて、OKなら決済ボタンを押す。
Screenshot_20180324-222356
あらかじめ決めていたLINE Pay のパスワード6桁の数字を入力
Screenshot_20180324-222433
再び決済確認があって、決済ボタン
Screenshot_20180324-222453
AISのページに自動で戻って、支払い内容を確認しOKボタン
Screenshot_20180324-222521
ぐるぐるがあって
Screenshot_20180324-222539
成功!
同時にLINEのメッセージも飛んで来た。
Screenshot_20180324-222613
HOMEに戻って確認すると、残高が10B増えて、期限が5月27日になった。
Screenshot_20180324-222654

この方法によるチャージは、一度に12回まで可能なようです。
例えば、9月に299Bのアジア周遊SIMを使いたい時は、それまでにあと4回以上チャージして、残高が最低300B以上にしておけばよいということです。

1529620552973
LINE Pay に登録したJCBプリペイドカードの利用明細です。10THB=33円が引き落とされています。

(2018/07/15追記)
Rabbit LINEPayで10Baht のTopupを4回行いました。有効期間が25/08/2018から23/12/2018まで4ヶ月延びました。年末までに再びTopupしてさらに延長させるつもりです。
Screenshot_20180715-my_AIS_topup


10BahtをLINE Payで支払うこと4回繰り返す。
Screenshot_20180715-173401


1回毎にAISからは下記のようなSMSが飛んでくる。
Screenshot_20180715-174550


LINEには1回毎にLINEウォレットのアカウントから下記のようなメッセージトークが飛んでくる。うまくチャージ出来たかどうかすぐ判る。
Screenshot_20180715-174525


チャージする額が少額なのと情報流出対策として、通常のクレジットカードは使わず、支払い限度がチャージ額まであるプリペイドカードを使っています。これだとすぐに決済が明細に反映されるのが確認できて安心です。

LINEPayに登録してあるJCBプリペイドカードの明細も順次掲載されていく。
1531647905026
LINEPayに登録してあるJCBプリペイドカード 本日の4回分の明細です。
10Bahtが34円となっているが、あとで価格調整といって1円程度の上乗せがあるかもしれない。

(2018/08/10追記)有効期限を1年に延ばしてみた。
2018/08/09 ようやくログイン出来たので10BahtのTopupを繰り返した。有効期限は、2018/07/16時点ですでに28/03/2019になっていました。1~3回目は省略しています。
 10baht4回目で期限が21/07/2019 残高250.78baht 期限1ケ月延長
 10baht5回目で期限が09/08/2019 残高260.78baht 1年後の今日
 10baht6回目で期限が09/08/2019 残高270.78baht 1年後の今日
  5baht 追加で期限が 09/08/2019  残高275.78baht 1年後の今日
 ここでTopup 終了
Screenshot_20180809-132202
有効期限は1年以上には出来ず、残高が増えるだけという結果でした。

(2018/08/10追記)ログイン出来ないエラーが発生することが多い。
 SIM2Flyを挿してSBの電波確認後、AIS登録電話番号入力、SMSでOTP受信、ログイン画面OTP入力、ぐるぐる、一瞬ホームの一部が見えて、ぐるぐる、Sorry画面に遷移で、Sorry,the service is unavailable at this time please try again later. Restart app メッセージが出ます。時間をずらしても同じメッセージが出ます。極まれにログイン出来ることがあります。システムが不安定なようです。
(2018/08/16追記)ログイン出来ないエラーが出なくなってきた。
(2018/08/22追記)今週は毎日ログイン出来る。AISのシステム安定化。


(2018/11/16追記)久しぶりに残高確認。310.78Baht
 Sim2Flyのsimを入れて、softbankを掴んだ後、*121#を押す。
 期限は2019年9月9日まである。スマホはS51SEシムフリー。
P_20181116_085925


詳細はこちら(2019/04/03追記)久しぶりにTopUpし残高330.78Bahtになる。
LINE Payアプリに下記のクレジットカードを登録して、Rabit LINE Payで10BHT決済する実験
1. JCBプリペイドカード(本人認証済み)10BHTチャージ出来た
2. Kyash(VISAリアルカード、カード表面の名義はKYASH MEMBER)に楽天カードVISA(本人認証済み)を紐づけ、10BHTチャージ出来た


Rabit LINE Pay を使わず、直接日本で発行された上記2枚のクレジットカードで10BHT決済する実験
1. JCBプリペイドカード(本人認証済み)
  JCBのJ/セキュア画面まで行き、パスワード入力して、くるくるしてSorry画面が出てチャージ出来ず
2. Kyash(VISAリアルカード)カード表面の名義はKYASH MEMBER
  3Dセキュア画面以前で、Sorry画面が出てチャージ出来ず

最新記事50件
記事検索
ギャラリー
  • VHM-313 TPA3110D2 2x15W Bluetooth Power Amplifier Board
  • VHM-313 TPA3110D2 2x15W Bluetooth Power Amplifier Board
  • VHM-313 TPA3110D2 2x15W Bluetooth Power Amplifier Board
  • VHM-313 TPA3110D2 2x15W Bluetooth Power Amplifier Board
  • VHM-313 TPA3110D2 2x15W Bluetooth Power Amplifier Board
  • Rakuten UN-LIMIT SIMカードをUMIDIGI F1 Playに登録する(備忘録)
  • Rakuten UN-LIMIT SIMカードをUMIDIGI F1 Playに登録する(備忘録)
  • Rakuten UN-LIMIT SIMカードをUMIDIGI F1 Playに登録する(備忘録)
  • Rakuten UN-LIMIT SIMカードをUMIDIGI F1 Playに登録する(備忘録)
  • Rakuten UN-LIMIT SIMカードをUMIDIGI F1 Playに登録する(備忘録)
  • 点滴チューブを利用した無電力自動水やり器の試作
  • 点滴チューブを利用した無電力自動水やり器の試作