kuriyan60

還暦くりやん旅に出る

若き時代にバッグパッカーとしてアメリカ大陸横断を果たしたくりやんが還暦を向かえ再び海外旅行に挑戦します。また海外SIMなど個人旅行で必要な事柄を備忘録として記事にしています。

スマホ・SIM

6 5月

タイ AIS SIM2Fly すわ!NTT docomoにローミングか?

タイ AIS SIM2Fly 何故かNTT docomoにローミング?(日本です)

5月2日にAmazomからUMIDIGI F1 Playが届いた。

 SIM1にso-netのドコモ系の0SIM、SIM2にSIM2Flyをセットしたところ、これまでのスマホではSIM2Flyはsofbankの電波を掴みRが出ていたのに、F1 PlayではNTT DOCOMO-AISが表示されていることにに気づいた。2019/05/05 

Screenshot_20190506-065014

SIMのネットワーク設定は2枚とも自動です。2枚ともNTT DOCOMOです。

Screenshot_20190506-081707
 
SIM2 がSIM2Flyで UMTS(3G)でNTT DOCOMOを掴んでいます。

USSDコード *121# で残高も表示されます。つまりちゃんとタイAISと通信できています。(追記:これについてはWifiが入っていたからという解釈もできます。)

Screenshot_20190506-082620

Screenshot_20190506-084348
スマホをZenfone3(上)旧Zenfone5(下)に変更しても、JP DOCOMO-AISです!(追記:これについてはWifiが入っていたからという解釈もできます。)
AIS(JP DOCOMO)

謎1:AISとNTT DOCOMOがローミング提携したのか?
謎2:softbankがNTT DOCOMOの回線を借りているのか?
謎3:AISが両方と提携したのか?


ただ単にNTT DOCOMOの電波を掴んでいるだけか?
(追記:UMIDIGI F1 Playの対応バンドが優秀すぎて softbankに近いDOCOMOを掴んだかも知れない。)

DOCOMOではローミングサービスは出来ないのでは?
(追記:単にNTT DCOMOの電波を掴んでいるだけで、ローミングができるかどうかは、SIM2Flyのローミングパックを購入してみないと判りません。)

(2019/05/20追記)
ローミングパックを購入して方から、「DOCOMOでもローミング出来た」との情報あり。誰でも出来るのか?情報が不足しています。

続く


続く...

3 5月

タイ AIS SIM2Fly 取扱説明書(英文)

使用説明書(取扱説明書)の前半はタイ語、後半は英語です。
写真はクリックすると拡大表示され読みやすくなります。

AIS_SIM2Fly_doc005
 裏表紙               表表紙


AIS_SIM2Fly_doc001
 タイ語の最終ぺージ     英語の表紙


AIS_SIM2Fly_doc002
 1ページ            2ページ


AIS_SIM2Fly_doc003
 3ページ           4ページ


AIS_SIM2Fly_doc004
 5ページ            6ページ










 
13 4月

タイAIS SIM2Fly にベトナムとブルネイが追加された

実際に使っていないので未確認としていますが、さらに改善されたようです。
事実なら素晴らしい!

2019年4月1日から、容量が6GBに、ベトナムとブルネイが追加New!
2019年4月11日から、タイ本国で10日間で500MBが使える
New!

(英語版翻訳)
ノンストップ4G/3Gデータローミング
最高速度(4G)で6GB(容量)が8日間使える※1
タイでのインターネット使用が500MB(容量)で10日間がプラス※2
無題

SIM2Fly-1


SIM2Fly 399パッケージ条件(タイ語をgoogle翻訳)
・SIM2Flyアジア&オーストラリア、価格399バーツ、インターネットローミングを使用できる 使用量の総量の後の8日以内の6GBの最高速度を使って パッケージの使用期間に応じて128 Kbpsの最大速度でインターネットをプレイし続けることができます。
・最大速度6GBのインターネットはSIM対応のお客様に影響を与えます。 2019年4月1日以降。※1
・タイで使用されているインターネット、10日間で500MBは、SIMをアクティベートする顧客にとって有効です。2019年4月11日から。※2
・このパッケージは指定された国でのみ使用できます。梱包状態にない他の国を使用する場合 インターネットを使用することはできません。
・タイまたはSIM2Flyをサポートする他の国で初めてSIMを使用できますが、アクティブ化されている国がSIM2Flyパッケージの状態にない場合、購入でインターネットを使用することはできません。SIMに同梱されているローミングインターネットパッケージの有効日数のカウントは開始されません。
・インターネットローミングパッケージは、最初のインターネット接続が海外で行われた日付を使用して開始されます。24時間カウントパッケージの期間は、パッケージのアクティブ化を確認するSMSで指定された日時から始まります。
・有効化されたSIMは、60日以内に海外で初めて使用する必要があります(購入したパッケージの条件にある国のみ)。60日以内の海外では、SIMに付属のインターネットローミングパッケージを使用することはできません。新しいパッケージを購入しなければならない。
・インターネットローミングの量を確認し、* 111 * 6#を押して電話する
インターネットは自動的に終了します。パッケージ期間が終了したとき SIM2Flyインターネットパッケージが完全に在庫切れではない場合、タイでは使用できません。
・SIM2Flyがタイで使用されるようになった場合は、軍事振興によりさらに請求されます。 クリック
・タイでの使用に適用されるその他のパッケージ 海外では使用できません。
6 4月

タイ AIS SIM2FlyにPCから TopUp 出来ないことを再現する

スマホのAISアプリからではなく、PCブラウザからAISのWebサイトにログインして、自分のSIM2FlyにTopUp出来るかという実験です。

これは、過去何回か挑戦してTopUp出来なかったことですが、2019年4月現在でも日本で発行されたクレジットカードではやはりTopUp 出来ないことの再現となります。いつか日本発行のクレジットカードでTopUp出来るようになると思います。

準備
 SIMフリースマホにSIM2FlyのSIMを挿入し、softbankの電波を掴むようにしておきます。今回はアプリを使わず、PCブラウザでAISのサイトにアクセスします。

タイ語からEN英語に変更します。

AIS-1


 SIM2Flyの電話番号を入れてOKを押すと、スマホに4桁のOTPワンタイムパスワードが飛んで来て、それを入力してログインします。

AIS-2



今回は、本人確認済みのVISAブランドの楽天カードで10Bahtを指定しました。

AIS-3


 クレジットカードの番号などを入力してOK

AIS-4

 VISAの3Dセキュア画面に来るのはスマホと同じです。

AIS-5

 パスワードを入れて送信を押すと、クルクル回って、いつのもSorry画面がでました。予想通りですね。

AIS-6

出来ないことを確認してログオフしました。来年こそ出来ることを期待します。それまではAISアプリとLINE PayでTopUpですね。

AIS-7

4 4月

タイAISのSIM2Flyに久しぶりにTopUpした

前回のチャージ(以下TopUp)は、2018/08/09で残高 310.78Bahtになっています。
有効期限は、今年の2019/09/09までです。
 なお、詳しい操作方法は過去の記事を参考にして下さい。今回は主なところのスクリーンショットのみです。

Screenshot_20190403-213750_1

今回、TopUpするときに使う、LINE Payアプリに登録されている決済用クレジットカードについて、本人確認済み未確認の2種類のカードに取り換え決済できるかどうかという実験をします。


1. 決済に使うLINE Payアプリにこれまで通りANA JCB プリペイドカード(本人認証済み)でRabit LINE Payで10BHTを決済します。なお、このプリペイドカードには決済するに十分な額をチャージ済しています。
Screenshot_20190403-214124_1
 このANA JCBプリペイドカードは、JCBにて本人認証済みです。
Screenshot_20190403-214153
 10Bathの決済
Screenshot_20190403-214037_1_1

Screenshot_20190403-214220
 いつも通り10BHTチャージ出来きました。JCBへの支払いは35円でした。


次に
2. 決済に使うLINEPayアプリで、Kyashのリアルカードに登録を切り替え、決済できるか試します。
 このリアルカードは、VISAブランドでカード表面の名義はKYASH MEMBERですので本人確認が出来ないタイプのカードです。
 なお、即時決済チャージ用には楽天カードVISA(本人認証済み)を紐づけています。
Screenshot_20190403-214312_2

Screenshot_20190403-214331


Screenshot_20190403-214347
 このカードでも10Baht TopUp出来て、残高が330.78Bahtになりました。
Screenshot_20190403-214434_1
 有効期限は、2回のTopUpで2ヶ月延びて、2019/11/08になりました。
 2回の決済について、LINEPayアプリでも確認出来ています。
Screenshot_20190403-222040_1
 Kyashでの引落額は10Bahtは36円でした。ANA JCB プリペイドカードより1円高くついています。



続いて
 決済にRabit LINE Pay を経由せず、直接日本で発行された上記2枚のクレジットカードを使って10baht決済する実験です。
 Credit Card/Debit Cardで、カードブランドを選択し、カード番号を入力します。


1. ANA JCBプリペイドカード(本人認証済み)
  決済完了直前の、J/セキュア画面まで行き、パスワード入力して、くるくるしてSorry画面が出てチャージ出来ず。
Screenshot_20190403-214841

Screenshot_20190403-214632

次に
2. KyashのVISAリアルカード(本人確認なし、名義はKYASH MEMBER)をクレジットカード払いとして10Bahtを指定し、決済ボタンを押すと、3Dセキュア画面に遷移する前で、Sorry画面が出てチャージ出来来ませんでした。
Screenshot_20190403-214829
 このあと上のSorry画面が出る。
Screenshot_20190403-214632


結論:日本のクレジットカードで直接決済はまだ出来ないので、従来通りLINEPay経由でクレジット決済するしかない。しかし、LINEPayにKyashのような本人名義でないカードを登録しても決済可能ということが分かりました。


追加:PCからAISのwebサイトログインして、日本発行のクレジットカードでTopUpしても相変わらず決済できないことを確認しました。


おまけ:Baht>円の為替決済手数料について
 ANA JCB プリペイドカード 1.6% 10Baht>35円
 Kyash(バーチャル/リアル) 4.0% 10Baht>36円


(参考)2018年12月時点での為替手数料とキャッシュバック率
ANA VISA プリペイドカード 3.0%
ANA JCB プリペイドカード 1.6%(有利) キャッシュバック0.5%(不利)
Kyash(バーチャル/リアル) 4.0%(不利) キャッシュバック2%(有利) 
au WALLETプリペイドカード 4.0%
dカード プリペイド 4.0%
LINE Payカード 4.0%
mijica(JPミヂカ) 4.0%
楽天カードVISA 1.63%
最新記事50件
記事検索
ギャラリー
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除