ステップアップ/ダウン DC-DCコンバータ HW-132 (XY-UP)の検証

Aliexpressで購入1個160円

HW-132
 入力はUSB/マイクロUSB端子またはVIN基板直付けが可能
 出力は2ピン端子またはOUT基板直付けが可能
 ※輸出電圧と輸入電圧のシルク印刷が逆ですね。
HW-132-2
1.Description:説明
USB boost/buck power supply module, powered by USB, adjust potentiometer to get the required voltage.

2.Features:特徴
1>.One button to turn off the output;ボタンを押して出力をOFFできる
2>.Supply ON/OFF display screen;ボタン長押しで表示のON/OFF
3>.Support low power mode;
4>.Support sleep mode;
5>.Support both standard USB and Micro USB and pads input voltage;
6>.Potentiometer with rotating handle.

3.Parameters:諸元
1>.Input voltage: DC 3.5-12V;
2>.Output voltage:DC 1.2-24V;
3>.Output power:出力電力を3Wに抑えないといけない!
Input 1.2-2V,output power within 2W;
Input 2V-20V,output power within 3W;
Input 20V-24V,output power with in 2.5W;
4>.Display:3Bit digital tube display;
5>.Size:80*20*14mm.

4.Use steps:使用手順
1>.Input voltage from Standard USB or Micro USB or ‘VIN+’ and ‘VIN-’;
2>.Turn ON display screen;
3>.Adjust potentiometer to get the required voltage;
4>.Connect load.

5.Application:応用
1>.Ordinary power supply;
2>.Battery charger;
3>.LED drive power;
4>.Instrument voltage display;
5>.Test meter;
6>.Circuit test;
7>.Power conversion.

6.Please Note:注意して下さい!
1>.It is not a high power supply, please use it within the power range.
 大電力供給ではありませんので、電力範囲内(3W以内)でお使いください。

7.Package:内容物
1>.1pcs XY-UP USB boost/buck power supply module

P_20200917_132215_vHDR_On
 使用されているチップは、7133-1 3.3V定電圧IC、その横にB628=B6280C SW用IC(本尊)、SS34ショットキーダイオードなど


HW-132(XY-UP)モジュールの使い方(英文動画)
 ロシア語の動作検証動画



動作検証
検証その1:入力5V固定、出力5V以下
P_20200917_145302_vHDR_On
 入力5.0V、出力5.0V/0.4A 2WではSW用ICの発熱は無し。

P_20200917_145611_vHDR_On
 入力5.0V、出力3.0V/0.4A 1.2WではSW用ICの発熱は無し。

P_20200917_150141_vHDR_On
 入力5.0V、出力2.6V/0.366A 1.02WではSW用ICの発熱は無し。

P_20200917_150345_vHDR_On
 入力5.0V、出力1.8V/0.418A 0.75WではSW用ICの発熱は無し。

P_20200917_150912_vHDR_On
 入力5.0V、出力1.0V(表示は0.9V)/0.493A 0.49WではSW用ICの発熱は無し。

検証その2:入力5V、出力5Vより高い電圧
P_20200917_151306_vHDR_On
 入力5.0V、出力8.1V/0.289A 2.34WではSW用ICの発熱は無し。

検証その3:出力12V
 入力を5~11V可変、出力12V固定で電子負荷を使って、出力電流を0.2Aと0.3Aで指で触ってICの発熱を調べたところ、入力電圧に関わらず0.2Aはほんのり暖かい程度であったが、0.3Aでは小指で触ると痛いと感じるくらいに発熱した。このとき3.6Wの消費電力なので定格オーバーとなっている。

出力電圧を高くする場合、出力電流は必ず消費電力の範囲に収めないといけない!
Input 1.2-2V,output power within 2W; 出力12Vなら電流0.16Aまで
Input 2V-20V,output power within 3W; 出力12Vなら電流0.25Aまで
Input 20V-24V,output power with in 2.5W; 出力12Vなら電流0.21Aまで

検証その4:出力電圧の安定度は非常に優秀
・入力電圧を変化させても、出力電圧の変化は見られなかった。
・電子負荷で電流を増減させても、出力電圧の変化は見られなかった。
・基板から発生する雑音はAMラジオに入るが十分離すと気にならない程度。
・LED表示電圧は、低電圧になるほど実際より低く表示

検証その5:出力電圧の波形
P_20200918_190251_vHDR_On
 入力5V、出力5V0.16A DSO150のACモード

用途
・5Vのモバイルバッテリーをより低い電圧で使う場合はOK
・5Vのモバイルバッテリーをより高い電圧で使う場合は消費電力は3Wまで
・電池(1.2V、1.5V、3V、3.7V、4.5V、6V、9V)の代替(定電圧電源)として使える。