きゅうりの水やりや水耕栽培用に試作・実験してみました

 我が家の家庭菜園は自宅から少し離れたところにあり、電気・水道がありません。水やりは貯蔵雨水を使っています。条件が悪いですね。


試作品1(ゴミ)
P_20200616_170742_vHDR_On
 DAISO100均自動給水器なるものを買ってみましたが、点滴量の調整が出来ませんでした。陶器製の先から水が勢いよく出てしまいました。
P_20200616_173121_vHDR_On

P_20200616_183723_vHDR_On
 緑のチューブを折り曲げて点滴量を調整しますが、ペットボトルを上に置かないと水が出ませんでした。また水量もかなり多くすぐにボトル内の水が無くなってしまいました。


試作品2
 医療用輸液セット(点滴チューブ)の水量調整パーツが欲しくてAmazonで購入、10本1,404円でした。針はもちろん使いません。
P_20200618_131510_vHDR_On

P_20200618_132252_vHDR_On
 針は使いません。針のチューブは外れます。

P_20200618_135411_vHDR_On
 2Lのペットボトル底部に穴を開け、クリヤーボンドで接着し、さらにグルーで固めました。
P_20200618_135450_vHDR_On
 これは点滴パックに挿すパーツです。水は2Lで約2kgあります。最初接着が弱いと水漏れしました。ゴムパッキンがあれば、それで水漏れを防止した方が良さそうです。工夫のし甲斐のある個所です。

P_20200618_142642_vHDR_On
 点滴器の実験をしています。振動を与えると、ペットボトルとチューブ挿入口の隙間から水漏れが発生しました。


点滴量の計算
 この輸液セットには、20滴1mL=1滴0.05mLと書かれていました。病院に行くと看護師さんが時計を見ながらしたたる点滴量を調べています。ここでは10秒間に何滴したたるといいのか計算してみました。

計算1 10秒間に10滴の場合
 1分間=60秒に60滴ですので3mL、これは1時間=60分では180mL、10時間では1.8Lです。

計算2 10秒間に20滴の場合
 計算1の結果から、2Lのペットボトルなら、5.5時間水を垂らすことが出来ます。

計算3 10秒間に9滴の場合
 1分間=60秒に54滴ですので2.7mL、これは1時間=60分では162mL、12時間では1.94Lとなり2Lのペットボトル1本分です。

計算4 10秒間に4.5滴の場合
 計算3の結果から、ゆっくり24時間水を垂らすことが出来ます。


実際に設置するのはこれからですが、注意点は
・ペットボトルが日光でレンズにならないようにボトル周りを遮光する。
・水の出口より上にペットボトルを置く。
・ボトルキャップは空気が通るようにゆるく締めておく。


応用例 茄子の潅水
茄子3本の茎元に点滴チューブを設置しました。
・10秒間に9~10滴
・水タンクは10Lポリバケツ
・点滴調整器はポリバケツの底から少し下
P_20200620_171037_vHDR_On
 針金とチューブ3本まとめて入れています。軽いのでおもりがあればなお良い。
P_20200620_170453_vHDR_On
 サイホンの原理が上手く行くよう、ポリバケツは別のバケツの上に置いてます。
P_20200620_171026_vHDR_On
 点滴調整器
P_20200620_170516_vHDR_On
 屋外なので太陽光があたり高温でも点滴が正確に行えるか実験中です。
P_20200620_171020_vHDR_On
 ポタポタの先端
P_20200620_170523_vHDR_On
 茄子の茎元の先端部(透明プラ)

 先端部(透明プラ)内にごく小さなフィルターがあり、バケツの中のゴミや細かい土があるとこのフィルターで目詰まりして点滴がストップしてしまった。針でつつくとこのフィルターのゴミが取れて再び点滴の水が出るようになった。

(2020/06/29追記)夕方10秒間10滴として夜間点滴して、早朝になると点滴速度が低下している。寒暖の差でチューブの変形や点滴調整器の変形などが影響しているのかも知れない。本来の医療点滴は室内でしかも長くて数時間なので再調整することは少ないが、屋外でしかも12時間の点滴に一定量の点滴を求めるのは本来の使い方ではないので仕方がない。