パナソニックコードレス電話子機のバッテリーの自作
 
(製作その1)ダイソーNi-MH3個
(製作その2)バッテリーケースに収納

P_20190626_173348_vHDR_On
 左:自作バッテリー充電中 右:ROWAの互換バッテリー充電中

(はじめに)
 パナソニックのコードレス電話子機のバッテリーが寿命を迎えつつあるようです。話しているうちにピーピーと音が鳴ります。バッテリーが無くなった証拠です。子機が2台あるので、1個は通販でROWAの互換品を買い、もう1個は自分で作ることにしました。ネットの情報を参考にしました。

(充電池の調達)
 ダイソーで百均のNi-MH充電池を3個買ってきて、充電池同士をケーブルで半田付けします。
P_20190626_111243_vHDR_On
 物干竿カバーを熱収縮(ヒシ)チューブとして代用しようとしましたが、結局無くても大丈夫でした。

(製作その1)
P_20190626_113222_vHDR_On
 電池端子に抵当なケーブルを半田付け

P_20190626_114059_vHDR_On
 左上:Panasonic KX-FAN51 右上:ROWA HHR-T407
       下:自作充電池(極性と配線に注意)

P_20190626_173246_vHDR_On
 隙間は厚紙とグルーで適当に埋めました。
 ガタつかないかしばらくこれで様子をみます。充電OK

(製作その2)
Panaのニッケル水素充電池のオレンジ色のラベルを剥がすと中の充電池が取り出せました。
P_20190628_111117_vHDR_On
 両端の樹脂カバー・充電池が簡単に取り出せる

P_20190628_111944_vHDR_On
 極性に注意してカバーをかぶせる

P_20190628_112032_vHDR_On
 ラベルを張りなおす

P_20190628_112128_vHDR_On
 +端子や-端子の半田の出っ張りは子機端子のバネで吸収できる

P_20190628_112147_vHDR_On
 上:中身はDaiso製Ni-MH 下:元のPana製のNi-MH

P_20190628_112350_vHDR_On
 再生した充電池を子機に収める。厚紙でバッテリーパックを押しています。