日立サイクロン掃除機 HITACHI CV-SW7000 延長管の修理

P_20190328_133259_vHDR_On

 延長管修理の終わった日立サイクロン掃除機 HITACHI CV-SW7000


 我家の掃除機の延長管の接触不良により、パワーヘッドが回転しなくなりました。この延長管は、5年前に買った掃除機の延長管が2年前に壊れ、その時に補修部品として6,000円弱で購入したのですが、再び同じような症状でパワーヘッドが回転しなくなったのです。
 パワーヘッドが壊れるとヘッドをスムーズに移動させることができなくなります。ダメ元でネットで他の方の情報を元に分解してみることにしました。

kohacraftのblog 掃除機をまた修理しました
[ケチケチDIY] 怠けものの掃除機ヘッドローラー修理

 すみません、勝手にリンクを張らせていただきました。


P_20190325_094756_vHDR_On
 壊れた延長管が2本になってしまいました。延長管をつなぐとパワーヘッドが回りません。延長管をつながずにヘッドを直結させると、パワーヘッドが回転します。つまり延長管の内部が断線して電気が通じていないのです。
 なお、延長管は補修部品として6,000円弱で購入できます


P_20190325_102957_vHDR_On
 マイナスドライバーで少しずつこじ開ける。樹脂部分に傷や凹みが入ります。

P_20190325_104551_vHDR_On
 割れも入ります。

P_20190325_105904_vHDR_On
 延長管カバーが外れました。

P_20190325_110018_vHDR_On
 白いフレキシブルケーブルのどこかが断線しています。

P_20190325_111944_vHDR_On
 フレキシブルケーブルが伸び縮みする場所で、片方が断線してました。

P_20190325_115339_vHDR_On
 断線箇所

P_20190328_125218_vHDR_On
 半田ごてでビニルを溶かし、細い銅線で繋ぎました。

P_20190328_125348_vHDR_On
 絶縁テープを巻いてここは補修完了。テープが巻かれた部分が曲がらないように延長管の長さを調節します。

P_20190328_130417_vHDR_On
 割り箸で延長管がこれ以上短くならない(補修部が曲がらない)ように制限します。とりあえず透明テープを巻きました。

P_20190328_132319_vHDR_On
 延長管を伸縮させるときに使う樹脂部品が行方不明になったので、代わりにこんなもので代用してます。

P_20190328_133032_vHDR_On
 押すと内部の白いパーツが下がり、伸縮できるようになります。

P_20190328_133259_vHDR_On
 10cmほど少し伸びた状態からいっぱいに伸びた状態でパワーヘッドが使えるようになりました。

P_20190325_094756_vHDR_On
 壊れた延長管がもう一本あるで、これはもう少しまともな修理をしたいと思います。


2本目

P_20190328_161156_vHDR_On
 さすがに2本目となるとカバー外しが上手くなった。あまり傷をつけずに剥がすことができた。

P_20190328_161202_vHDR_On
 やはりフレキシブルケーブルの曲がりやすい所が金属疲労で片方の銅箔だけ切断されていた。

P_20190328_161545_vHDR_On
 半田ごての熱でビニルが溶け、銅箔が見えてくるので、そこに銅線を半田付けした。

P_20190328_161742_vHDR_On
 ビニルテープで補強

P_20190328_162714_vHDR_On
 延長管を縮めると半田付けした箇所が曲がるので、そうならないように延長管にストッパーをつける。こんな物を切って、延長管の根元の隙間に両面テープで固定した。

P_20190328_163338_vHDR_On
 これ以上縮まない。

P_20190328_164212_vHDR_On
 上:1本目 赤いパーツは今だに行方不明です。
 下:2本目 輪ゴムは瞬間接着剤が乾けば取り去ります。

(終わりに)
モーターには定評がある日立ですが、掃除機の延長管などの故障は頻繁に発生しているようです。ネット上でもそういう情報が結構見つかりました。次回は別のメーカーにしようかな。