ヤザワの明るさセンサーつきナイトライトをヨドバシ.comで格安のを見つけたので改造目的で買いました。2個で467円(税込)

(2019/03/02追記)改造後も2個とも正常に動作しています。
(2019/06/03追記)2個とも正常に動作しています。

以下は、その改造の記録です。

P_20181230_145322


P_20181230_145359

P_20181230_145510
 点灯する時の部屋の暗さと消灯する時の部屋の明るさにはかなり隔たりがある。閾値の幅が広いということ。
P_20181230_145517
 透明カバーは好みに合いませんでした。

P_20181231_134853
本体ネジ(へこみ△形)を外し透明カバーを何とは殻割して基板を眺めたところ、ACコンセントのついている方が硬くて外せませんでした。
P_20181230_151645
 100均より作りは良さそうです。

P_20181230_151835
 基板が外れない。ACコンセントが邪魔をしている。
P_20181230_152139
 LEDは電球色の砲弾型で指向性強い。拡散型などに変更しても面白い。

短所)
1.廊下が明るくても点灯する。もう少し暗くなってから点灯させたい。
2.夜間LEDが明るすぎる。
3.点灯すると透明カバーの筋が見える。
4.PSE電気用品安全法マークが無い。

対策)
1.CDSに並列に抵抗33-38KΩをかます。
2.LEDのリード線に抵抗を直列に入れる。
3.半透明のカバーとして、古いフィルムケースを被せてみると少し改善された。好みの雰囲気にするためもう少し別の何かを探して見たい。
4.どうしようもない。

P_20181230_152801
 LEDのみ点灯
P_20181230_152821
 拡散棒とフィルムケース
P_20181230_152752
 LEDにフィルムケースのみ被せた
P_20181230_153335
 CDSに並列に50kΩVRをつけ充分暗くなると点灯するようにした。33-38kΩあたりか。
P_20181231_135754
 個体差あるけど、写真の33Kは暗くなっても点かず、39KにしたらOKだった。
P_20181230_154858
 LEDに直列に5kΩVRを入れ好みの明るさに調整できるようにした。1.6kΩ位が良かった。カバーについては、現在、乳白色系のカバーを探しています。

P_20181231_170333
 カバーの良いのが見つからないので、代わりにセロハンを棒の周りに何回か巻いて暖色を強くした。
P_20181231_174008
 点灯前
P_20181231_174039
 最終的に、LEDを手持ちの白色でビームの弱いものに、CDSには平行に47+22=69KΩを並列に、LEDに直列に2.7kΩに入れて、好みの色と明るさに改造して終了。深夜トイレに行く時に僅かに橙色に点灯している程度です。この写真よりかなり暗くしていますので睡眠の妨げにはなりません。


2個目を改造(2019/01/21追記)
 やはりあまり暗くならないうちに点灯し、結構あかるくなっても消灯しないので、1個目と同じような手順で改造しました。
1. オリジナルの橙色LED(Vf=1.9V)を手持ちの白色LED(Vf=3.0)に交換
2. CDSに平行に100kVRで調整したのち56kΩに決定
3. 白色LEDに直列に5kVRで調整したのち、900Ω(1.8kΩを2本並列)に決定
 明るさは抵抗を入れた分暗くなりましたが、明滅がオリジナルより改善されたので、白色のままでしばらく使います。
4.(2019/06/23追記)白色を1個目と同様にカラーセロハンを巻いてオレンジ色に変更しました。