人感センサー HC-SR501を2方向で利用する実験を始めました。

(2019/03/02追記)3ヶ月経過、誤動作も無く実用に供しています。
(2019/06/22追記)6ヶ月経過、誤動作も無く実用に供していますが、気温の上昇とともに人感センサー感度が低下してきました。気温と体温の差が小さくなってきたためです。センサー感度を上げる方向で調整したいと思います。


庭のコーナー部にセンサー・電源部を設置し、方向の異なるLEDライトを2個同時に点灯させたいと思い実験中。防水を兼ねたタッパーを通しても何とかセンサーは働くようです。

P_20181212_162334
 センサー・電源部はL型コーナーの先端隅に設置する

P_20181212_162406
 中央は、ACアダプタから5Vを各センサーに供給し、各センサーからの出力をLEDライトに分配する基板。

P_20181212_162352
 IN A・Bは各センサーからの出力
 かなり古いトランジスタ2個があったので、NPN/PNPで負荷のLEDをON/OFF
 負荷のLEDを増やしても流れる全電流は約200mAでほぼ一定


(2018/12/14追記)
P_20181214_133513
 タッパーの中でも数mで感知した。室内実験で2個の点灯時間をそれぞれ40秒くらいにした。

P_20181214_143103
 コーナー部にセンサー・電源ユニットを設置し、LED部もそれぞれ設置。防水処理は未だ。センサーが2個あるので、手前でも向こうからでも感知したら両方が約40秒点灯する。

P_20181214_143147
 電源はここから。電源コードだけでも300円強かかっている。
中国製のソーラーLEDライトの安いのがあればそちらの方が設置は簡単。

2018/12/18追記 夜間実験
・タッパーに入れてセンサー感度を絞っても感知する。
・庭側のセンサー感度は最大。玄関側はやや絞り気味。
・点灯時間が約1分、もう少し短くしたい。10秒程度にした。
・元来の1MΩVRでは調整が困難。遅延時間が3-4秒と極端に短くなる。