kuriyan60

還暦くりやん旅に出る

若き時代にバッグパッカーとしてアメリカ大陸横断を果たしたくりやんが還暦を向かえ再び海外旅行に挑戦します。また海外SIMなど個人旅行で必要な事柄を備忘録として記事にしています。

2019年07月

28 7月

DELL Dimension 3100C 点検と掃除

DELL Dimension 3100Cには、Windows Xp sp3 がインストールされています。
久しぶりに点検と掃除をすることにしました。


 DVDドライブはオリジナルが黒ベゼルのROM、これをクリームベゼルのDVDマルチドライブに変更しています。
P_20190728_112338_vHDR_On

ネットにはつながず、電源を入れて起動を確かめます。
P_20190728_093959_vHDR_On

P_20190728_094007_vHDR_On
 順調にXpが起動しました。
P_20190728_094038_vHDR_On

P_20190728_094110_vHDR_On
 Microsoft Security Essentials は期限切れとのメッセージ

カバーを開けてみる。
P_20190728_094230_vHDR_On

P_20190728_094300_vHDR_On

P_20190728_094304_vHDR_On

P_20190728_094317_vHDR_On

P_20190728_094324_vHDR_On

P_20190728_094344_vHDR_On

P_20190728_094350_vHDR_On

P_20190728_094605_vHDR_On
 DVDとHDDを取り外しました。
P_20190728_094649_vHDR_On

P_20190728_100209_vHDR_On
 電源ユニットも下の金属ベロを押すと外せます。
P_20190728_094614_vHDR_On
 220W +5 +12 -12 3.3 各電圧が出ます。
P_20190728_100757_vHDR_On
 電源のケースを開けて、埃を掃います。
P_20190728_100810_vHDR_On
 FAN周辺は埃が多い
P_20190728_100826_vHDR_On
 掃除をしたらケースを閉め元に戻します。

 DELLのCPU FANは独特の形状と取り付け方
P_20190728_103430_vHDR_On
 両側のリテンションネジを回すとくるりと上に半回転して外れます。
P_20190728_103638_vHDR_On
 さらにヒートシンクのフィンも外すことができます。
P_20190728_103544_vHDR_On
 FANを外すとCPUが見えてきます。

P_20190728_104733_vHDR_On
 Celleron D326 SL7TU 2.53GHz/256/533でした。
P_20190728_105104_vHDR_On
 清掃が終わって、CPUグリスを塗って元に戻します。


 元に戻して電源ON
P_20190728_094230_vHDR_On

P_20190728_094038_vHDR_On

 HDDはWD1600JS 160GBでした。発熱が酷いので別のHDDにOSをクローンしようと思います。このXpマシンもあと暫くレトロPCとして保管しておきます。


26 7月

DELL Optiplex GX1 Slim Type 掃除

DELL Optiplex GX1に Windows 98 Second Edition がインストールされています。筐体は Slim Type です。

P_20190721_163716_vHDR_On

P_20190721_162845_vHDR_On

カバーを開けてみる。
P_20190726_152942_vHDR_On

P_20190726_153000_vHDR_On


P_20190726_153435_vHDR_On
 パラレルケーブルのコネクタ周辺、掃除します。

P_20190726_163041_vHDR_On
 懐かしいSLOT1です。下駄をはかせて、FC-PGA2のCelleron 1.3Ghzに入れ替えています。
P_20190726_163050_vHDR_On
 CPU FAN辺りもゴミを取る。
P_20190726_163301_vHDR_On

 その後電源ユニットを取り出し、カバーを外して掃除をしました。

P_20190721_162845_vHDR_On

P_20190721_163244_vHDR_On

 ソフトはあまり入れていないので、起動は少し遅いが、シャットダウンは素早かった。98マシンはあと暫くレトロPCとして保管しておきます。


14 7月

DELL Optiplex GX60 修理 あきらめる

DELL Optiplex GX60 修理 あきらめる
 その1 原因究明編
 その2 マザーボード死にました。修理出来ず。

P_20190714_174908_vHDR_On
 10年以上前によく使っていたDELLのWinXPマシンです。

1. 起動しない
 IDE HDDのテストをしていたら何度目かで電源が入らなくなりました。BIOSのリチウム電池を交換しても起動しません。交換時にパチッという音がしました。

P_20190714_163511_vHDR_On
 基板上に電解コンデンサーの頭に液漏れを発見しました。液漏れした1500μF6.3Vを手持ちの1000μF16Vに交換することにしました。

2. マザーボードの取り外し
 DELLサイトからマニュアルをDL。各種ケーブルを抜き、電源ユニットを外し、サブシャーシからマザーボードを外しました。この時この方の情報が大変参考になりました。
P_20190714_161459_vHDR_On

P_20190714_163518_vHDR_On
 マザーボードのケーブルを全て抜く

P_20190714_165515_vHDR_On
 サブシャーシの外し方とその後のマザーの外し方は他の方の情報が必要でした。

P_20190714_165541_vHDR_On
 マザーボードの裏

P_20190714_165607_vHDR_On
 1500μF

P_20190714_172530_vHDR_On
 1000μFに交換。太いので下に入らない。

2. やはり起動しない
 コンデンサを変えて組み立て電源を入れましたが、まったく起動しませんでした。パチッと音がしたのは電源ユニット内部かもしれません。

3. チップが燃えた
 純正電源ユニットとは別のATX電源をつないで起動させたところ、パチッと音がなって下の四角いチップから白い煙が出てきました。これでマザーボードはお釈迦となりました。
P_20190714_161529_vHDR_On
 ノースブリッジだかサウスブリッジだか?

4. 部品取りへ
 今さらチップやマザーボードを交換するつもりはありません。適当に部品取りとします。純正電源ユニット、CPU+FAN、3.5FDD+HDD、DVD-ROMなどいつかまた日の目を見るでしょう。





1 7月

当ブログの人気記事(2019年6月分)

当ブログの人気記事(2019年6月分)
6月5月4月順位タイトル(PV)
最新記事50件
記事検索
ギャラリー
  • GetNAVI 10月号付録 Qi 対応 ワイヤレス充電器
  • GetNAVI 10月号付録 Qi 対応 ワイヤレス充電器
  • GetNAVI 10月号付録 Qi 対応 ワイヤレス充電器
  • GetNAVI 10月号付録 Qi 対応 ワイヤレス充電器
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃