kuriyan60

還暦くりやん旅に出る

若き時代にバッグパッカーとしてアメリカ大陸横断を果たしたくりやんが還暦を向かえ再び海外旅行に挑戦します。また海外SIMなど個人旅行で必要な事柄を備忘録として記事にしています。

2018年11月

30 11月

当ブログの人気記事11月分(2018年11月)

 リンクは貼っていません。画像をクリックすると拡大されます。記事検索で探せます。
1543579701251

25 11月

18650リチウムイオンバッテリー TP4056 充電器の製作

18650リチウムイオンバッテリー充電用モジュールTP4056を使った充電器の製作

P_20181123_154813_1
 バラックでの充電は危ないので、3本同時充電ができるTP4056充電モジュールを使った充電器を製作しました。

(使用部品)
中古18650リチウムイオン電池2000mA:メルカリ 5本800円
18650用TP4056充電モジュール:Aliexpress 10個356円
18650用電池ケース:Aliexpress 10個315円
赤黒端子:Amazon 10個200円 
ケース:100均ケースの余り物
その他:リード線中太、両面テープ、グルー
P_20181125_095306

 18650用TP4056充電モジュール これに良く似たLi-po電池用のTP4056(FC-75)ではない

P_20181125_095249

(製作)
1.電池ケースはそのままでは電池の出し入れが硬いという評判通り、入れたら手で抜けませんでした。そこでカッターで内側に曲がっている部分を全てカットします。それでもまだ充分しっかりと電池を固定してくれます。
P_20181125_095936
    左:カット加工後 右:カット前

2.電池ケースの黒のリード線を赤と同じ穴からでるようにします。これで充電モジュールへの引き回しが綺麗に見えます。
3.ケースにマイクロusb端子メス用の穴を開けます。充電端子もケースに穴を開けてグルーで固定します。
P_20181125_110340
 左:USB端子の穴を1ヵ所開ける 右:赤黒リード線を穴から出す

4.充電モジュールの+-を短いリード線で並列接続します。電池ケースのリード線も接続します。
P_20181125_125531
 同時充電本数が増えると入力側リード線を太くする必要がある。

5.電池ケース、充電モジュールの裏面に両面テープを貼りケースに固定します。P_20181125_125521

6.リード線などの短絡の有無をチェックします。
7.電池を入れない状態で赤黒端子またはUSBケーブルを5Vに接続します。青LEDが点灯、赤LEDがちらついていればOKです。

(充電)
1.電池ケースの一つに18650電池を入れ、赤LEDが点灯して充電が始まるかチェックします。電流は最初約1A流れます。充電モジュールのICチップがかなり熱くなりますので夏は注意が必要です。
2.各電池ケースでチェックします。

3.全部のケースに電池を入れ赤黒端子に5Vを加え充電を始めます。初め3A以上の電流が流れますので、マイクロUSBケーブルでの充電は避けましょう。充電チップの発熱に注意します。
P_20181125_125134
 1本だけならマイクロUSBで充電、それ以上は端子から5Vを供給。2-3時間で青LED点灯で充電完了。電池電圧4.2V程度になる。
21 11月

懐中電灯の電球をLED化する

懐中電灯のフィラメント電球が切れたのでLED電球に入れ替えた。

 昔ながらのフィラメント電球式懐中電灯があります。電球が切れたので、100均ランタンで余っていた砲弾型LEDに置き換えました。省エネ化です。

P_20181121_131624
 フィラメントが切れたガラス電球を割ってその中に砲弾型LEDを入れます。
抵抗は56Ω、乾電池4本6VでLEDに50mA程度流れます。

 P_20181121_134447

左:ガラスフィラメント電球(予備)
右:砲弾型LED球

P_20181121_134640
 組立完了

P_20181121_140523
 ばっちり点灯。電球色から昼白色になりました。砲弾型LEDは名前のように光がまっすぐに出ます。このタイプの懐中電灯につけると前だけ明るくなりました。その代わりかなり遠くまで明るいです。
12 11月

円盤型人感センサーLEDライトのプチ改造

 1個300円強で手に入る中国製造の電池式丸型LEDセンサーライトです。隣の通常のLED電球を点灯させるとトイレ時に眩しすぎるので、乾電池式の小さな人感LEDライトを自動点滅させることにした。単4を3本使用。

(2018/11/12設置)
(2019/02/22追記)設置後3ヶ月経過しました。単4乾電池3本は待機時3.44V、点灯時3.19Vでも充分動作しています。センサーとしては大変優秀です。明るさは当然暗くなっていますが実用的に何も問題はありません。
(2019/02/24追記)試しにダイソー1.2V Ni-cd 1本108円を3本買って満充電し実装してみました。待機時4.17V、点灯時4.09Vで明るく点灯しましたが、約15秒の点灯時間に変化はありません。単4乾電池が切れたらNi-Cdに変更するつもりです。
(2019/03/07追記)設置後4ヶ月近く経過しました。単4乾電池3本は待機時3.41V、点灯時3.12Vとなりました。まだ動作していますが、気持ち感度が悪くなったようなのでNi-Cdに変更しました待機時4.17V、点灯時4.09Vで明るく点灯しています。
(2019/06/03追記)設置後7ヶ月、
Ni-Cdに変更してから3ヶ月経過しました。順調です。
(2019/06/19追記)少し感度が低下したので、Ni-Cdの電圧を測定。待機時3.34V、点灯時3.26Vとなっていたので、Ni-Cdを再充電(3ヶ月半経過時)。充電後すぐは待機時4.31V、点灯時4.12Vであった。

(2019/07/16追記)新しい丸型LEDセンサーライトが届いた。
(2019/07/22追記)LEDに流れる電流を制限した。
(2019/08/17追記)暑くなると人感センサーが鈍くなった。室温/体温の差がなくなるため。他の人感センサーも同様。

(2019/10/13追記)前回充電後4ヶ月、点灯してもすぐに暗くなる。各Ni-Cdの電圧は1Vを切っていたので充電した。





P_20181112_150139

 丸型を実際に使用して気に入らない所がありましたので改造しました。
気に入らない点その1:昼間でも感知して点灯することがある。
気に入らない点その2:夜間点灯するとこれでもまだ明るすぎる。
気に入らない点その3:昼白色がCOOLで夜間寒く感じる。

人感センサー明るさセンサー付きLED照明灯
 基板番号TX-106506-V4 PIR人感センサーと明暗センサー用CDS使用  処理ICはBISS0001使用

改造その1:明暗センサーの感度を下げる。
 CDSはBISS0001の9ピンとGND間に入っていた。CDSは暗くなると抵抗が増えて9ピンの電圧が上がり点灯する。抵抗が増えにくくなるようCDSに並列に抵抗を入れるとかなり暗くなって抵抗がようやく増えて点灯するようになる。
 CDSに並列に100KΩ半固定VRをつけ、希望の感度にすると約80KΩとなった。実装は82KΩまたは10KΩ+68KΩで良い。今回は82KΩが無かったので、10KΩ+68KΩとした。結果オーライ。かなり暗くなって点灯するようになった。
※CDSに抵抗を入れる方法はいくつか他の明暗センサーでも試し成功しています。かなり効果的な方法です。

P_20181112_115136


改造その2:無改造では電池電流が約200mAと大電流で明るすぎる。
 基板TX-106506-V4のR18とR19はともに8R2=8.2Ωで、これが並列となっており電流制限用の合成抵抗が4.1ΩとなってLEDに流れる電流を決めている。どちらか一方の抵抗を外すと、電流は半分の約100mAとなり、明るさはやや暗くなるが省エネで電池の持ちは2倍になるはず。結果オーライ。トイレに行くのには十分の明るさ。
P_20181112_144411

P_20181110_215327-2

 その後、R18とR19を直列16.2Ωにして点灯させたが、トイレ前には十分な明るさだった。約50mAで省エネ化。

その3改造:昼白色LEDを電球色にする
 ダイソーのオレンジ色のセロハンシートを3枚重ね、センサーライトの内側直径に合わせて切り取り、中央にPIRセンサーの丸穴を開ける。

P_20181113_103016
 LEDに被せて蓋をする。LEDは電流を制限して暗くしているのでの発熱は少ない。通常使用で燃えるようなことは起こらない。

P_20181113_084841
 色の調整はセロハンシートの枚数で変更可能。色はセロハンで組み合わせることが可能。


20190716追記
 新しい丸型LEDナイトライト(電球色)が注文から2週間ちょっとで中国本土から台湾経由で届く。
 早速中を開けて基板を見ると、今使っているのと随分違う。改造するためには回路を研究しないと行けない。同じ店で注文すべきだった!
P_20190716_163203_vHDR_On
 左:改造して現在使用中のもの 右:今回購入のもの

P_20190716_163253_vHDR_On
 左:現用中のもの 右:今回購入のもの

P_20190716_163316_vHDR_On
 基板表:フォトトランジスタPT0805ACが上にある
 製造日:HM YF360 20181213 新しい

P_20190716_163225_vHDR_On
 基板:HT16-28E フォトトランジスタPT0805AC

(2019/07/22追記)LEDに流れる電流を制限した。
 R6=300=30Ωのチップ抵抗を通して、LEDが6個並列で光る。この30Ωの両端電圧を図ると2.12Vだったので、LEDには70mA流れていた。
 夜間、十分明るいので、電池の省エネ策としてこのR6を51Ωに交換したところ、電流が34mAと制限された。これでも十分明るい。

P_20190722_153925_vHDR_On
 300=30Ωのチップ抵抗を51Ωに交換

P_20190722_154341_vHDR_On
 LEDは図では5個だが、実際は6個あります。
 R6を経由して6個のLEDに70mA流れている。LED1個当たり約12mAとなる。
 R6を51Ωに交換すると34mAとなり、LED1個当たり5.7mAとなる。

11 11月

ダイソーLEDマグネットスイッチライト回路図

マグネットスイッチでLEDをON/OFFします。物置やクローゼットの扉につけて使います。ダイソーのはマグネットが本体と分離して2個ついています。
45742672_2289623741111968_2735276302146732032_n

推定回路図です。小さなトランジスタ2個をダーリントン接続してLEDのスイッチングをしています。マグネット(リード)スイッチは〇印の所でトランジスタのベースをGNDに落とせば(扉を閉めれば)LEDに電流が流れずオフとなり、扉を開ければ電流が流れてLEDが光ります。
P_20181111_132005
 
最新記事50件
記事検索
ギャラリー
  • GetNAVI 10月号付録 Qi 対応 ワイヤレス充電器
  • GetNAVI 10月号付録 Qi 対応 ワイヤレス充電器
  • GetNAVI 10月号付録 Qi 対応 ワイヤレス充電器
  • GetNAVI 10月号付録 Qi 対応 ワイヤレス充電器
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃