kuriyan60

還暦くりやん旅に出る

若き時代にバッグパッカーとしてアメリカ大陸横断を果たしたくりやんが還暦を向かえ再び海外旅行に挑戦します。また海外SIMなど個人旅行で必要な事柄を備忘録として記事にしています。

2018年07月

26 7月

【速報】SIM2Flyが中国本土でも使えるようになった

タイAISのSIM2Flyがいよいよ中国本土で使えるようになったようです。

ただし下記の周波数と電波形式に対応したスマホが必要です。
日本で普通に使っているSIMフリー機はChina Unicom 中国联通を利用できそうですね。

4Gの周波数(バンド)
 China Mobile (中国移動) TDD-LTE B38/41 B39 B40
 China Unicom (中国联通)FDD-LTE B1 B3 、TDD B40 B41
3Gの周波数(バンド)
 China Mobile (中国移動) TD-SCDMA:B34 B39
 China Unicom (中国联通)WCDMA:B1 B3 B8
2Gの周波数(バンド)
 China Mobile (中国移動) GSM ( band 2/3/8 )
 China Unicom (中国联通)GSM ( band 2/3/8 )


SIM2Fly_china

China NEW!
SIM2Fly_country

(追記2018/12)
中国で、このSIM2Flyなど中国以外のSIMを使う限りLINEやGoogleなどのSNSを利用できるようです。
26 7月

2018年8月の台湾旅行に有利なのは米ドルだ

8月上旬に台湾に行きます。
以前107円台で買った米ドルを持っています。

現地で使うための通貨を日本円にするか米ドルにするか。どちらが有利か調べてみると、下の3通貨のグラフから、米ドル高のおかげで米ドルを台湾ドルに両替した方が得であることが判りました。

もちろんクレジットカードも使うので、これは円払いになるのですが、今回は米ドルを台湾ドルに両替しておき、台湾ドルの現金払いをメインにしたいと思います。

以下は過去2年間の為替チャート

TWD/JPYはこのところ1台湾ドルが3.6円くらいで横ばいです。

NTD_JPY


USD/TWDのグラフでは、年初から米ドルが台湾ドルに対して強くなっており、年初に1ドルが29.3台湾ドルであったものが、今は1米ドルを30.5台湾ドル分に両替できるようになっているです。

  USD_NTD


一方、米ドルは日本円に対しても高くなっているので、円の価値が下がっていることになっています。

USD_JPY

24 7月

Bluetooth Transmitter を買った。

キッチンに置いたBTスピーカーで離れたリビングのTVの音声を聴くため。
ebay 3.29$で購入。

TVのUSB端子に挿し電源供給。音声ケーブルは外部アナログ出力に結線。



BTスピーカー(HJX-001 BTドングル使用)を自動認識。
一応ステレオになってます。
10mは飛ばないと思います。7-8mが限度。離れると音がブツブツのモザイク調になりました。受信側のデバイスの感度によるのだろう。
Win PCからは設定できないのか(未確認)


(2019/07/22追記)
TV側
 USB端子の無いTVのイヤホン端子(イヤホン/スピーカー両方動作)に付属の3.5 ミニプラグケーブルを挿す。電源は、5VUSBアダプターから供給。

受信側
 HJX-001ステレオオーディオBTレシーバードングルに両耳イヤホンを接続。
 電源は、5VUSBアダプターから供給。
HJX-001


結果
 TVを入れると自動的にBT接続され、イヤホンからTVの音が聞こえた。
 音量はイヤホン側のボリウムで調整可能。
 大がかりなワイヤレスイヤホンを作った感じ。



商品説明
BT400 Bluetooth Music Transmitter Wireless 3.5mm AUX Stereo Audio Adapter USB Port Dongles for TV PC Tablet MP3 MP4 iPhone Samsung 

スペック
Condition: New: A brand-new, unused, unopened, undamaged item in its original packaging
Bundle Listing: No
MPN: Does Not Apply
Network Connectivity: BT
Bluetooth Standard: BT v4.0
To Fit: Audio Receivers
Connector(s): USB Country/Region of Manufacture: China
Brand: Unbranded/Generic
UPC: Does not apply
17 7月

中国製小型LEDデジタル電圧計V20D 2線式を3線式に改造する

中国製小型LEDデジタル電圧計V20D (3631AS)2線式を3線式に改造する
 基板番号V20D-2P-1.1

Before & After
P_20180717_153851_vHDR_Auto
2線式はLEDが点灯する3.7V程度以上でないと測定できない。

P_20180717_154559_vHDR_Auto
3線式に改造すると3V以下でも測定できた。

(予備知識)
V20改造

ロシアのサイトにあった回路図より
 供給電圧がR1を通して計測部に行くパターンをカットする。
 その両端からリード線を2本(赤・黄)出す。
 赤線が新しい電源供給用リード線(元の旧赤線は3線式では使用しない)
 黄線が測定用リード線
P_20180717_151644_vHDR_Auto

P_20180717_152005_vHDR_Auto
リード線が外れないようにグルーで固めた

(やや不満な点)
0Vを測定しても0.03Vと表示されます。原因究明中。

(2線式に戻せます)
追加した赤黄のリード線をショートさせ、元の赤線と黒線を使います。

 その両端からリード線を2本(赤・黄)出す。

(参考)
DC 2.5-30V Volt Voltage Meter LED Display Digital Voltmeter Self-Powered Mini
 100% band new and high quality

Price:US $0.99 / piece AliExpressで約120円/個 約2週間で到着

Product Features:
The voltmeter use 0.36 inch digital tube display, with super small volume, area with only a coin similar.
Connection is simple, just need to pick up two lines, a joint reverse protection, then do not burn.
Starting voltage is low, only 2.50 V, can correct measurement.
To achieve the best measurement precision, the voltmeter will measure the voltage according to the different automatic moving the position of the decimal point.
Can be used for measuring 18650 cell phone lithium battery nimh battery and other battery voltage, and motorcycle automobile battery voltage.
Can be used in all kinds of voltage measurement purposes.

Technical Parameters: 
Power supply:don't need the power supply, direct use of the test voltage as a power supply.
Measurement range: DC2.50 - 30V
The minimum input: 2.50V
The maximum input: 30V
Operation temperature:-10°~65°
Display mode: three 0.36 LED digital tube
Display color: Red
update rate:about 500 ms/time
Permissible error: 1% (+ / -  a word)
Physical size: 23 x 15 x 10 mm (L X W X H,not including installation ear)
Leadwire length: 15 cm

Package Includes:
Digital Voltmeter   x   1

11 7月

DSN-VC288 電流電圧計の校正 電流計の調整

(2018/12/01)記事後半に調整のためのヒントを追記しました。

DSN-VC288 を2個買いました。
基板に電圧・電流のそれぞれ校正用のVRがついています。

P_20180710_153747_vHDR_Auto
 1個は基板VRで調整出来た。

1個は正常に電圧・電流ともに使用電圧付近でテスターとの校正ができました。
もう1個は、電流の値表示が約0.06A「低い方」に出てしまい、VRを回してもテスターの値と一致させることが出来ませんでした。

P_20180710_153423_vHDR_Auto
 もう1個は誤差が0.06A程度出てVRでは調整の範囲外

ネット上にはこの電流の校正方法が色々出ていましたが、自分なりに銀色のシャント抵抗の長さ(抵抗値)に着目しました。

P_20180711_102013_vHDR_Auto
 長い銅線に交換した

(仮定)電流測定用の銀色のシャント抵抗を変えるとどうなるか?
(実験1)オリジナルの銀色の抵抗線を取り外し、1.6mmの銅線に交換
(結果)電流値0.00A
(考察)銅線の抵抗が小さすぎる。

P_20180711_111157_vHDR_Auto
 抵抗線を基板ぎりぎりにつけてみた。

(実験2)オリジナルの銀色の抵抗線が見た目長くなるように基板に取り付けた。
(結果)電流の値表示が「大きく」なった。VRを回してテスターの表示に一致させた。
(考察)銀色のシャント抵抗がほんの少し長くなり発生する電圧が僅かに増えた。
(欠点)よく使う5V付近でしかも電流0.25Aではテスターと一致するが、電圧・電流を変化させると誤差が生じる。実用的にはその誤差があることを認識しておけば使える。

(2018/12/01)記事後半に調整のためのヒント
回路図2例(正しいか?)
dsn-vc288-datasheet

c4a5c29s-960

回路図説明動画と切り出したキャプチャー画面
https://www.youtube.com/watch?v=UubXv_w4x5s

1543647072592

1543647114441

抵抗を置き換えた例
これで正確な数値を示せるかは不明。今後の参考に。
DSN-VC288--ammeter-calibration

100V-10A-DSN-VC288–RESET-02
 3個の抵抗が見える。ピンセットでリセットする場所を示す。


最新記事50件
記事検索
ギャラリー
  • GetNAVI 10月号付録 Qi 対応 ワイヤレス充電器
  • GetNAVI 10月号付録 Qi 対応 ワイヤレス充電器
  • GetNAVI 10月号付録 Qi 対応 ワイヤレス充電器
  • GetNAVI 10月号付録 Qi 対応 ワイヤレス充電器
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃
  • SHARP AQUOS LC-19K3 液晶テレビの内部清掃