kuriyan60

還暦くりやん旅に出る

若き時代にバッグパッカーとしてアメリカ大陸横断を果たしたくりやんが還暦を向かえ再び海外旅行に挑戦します。また海外SIMなど個人旅行で必要な事柄を備忘録として記事にしています。

1 8月

当ブログの人気記事(2019年7月分)

当ブログの人気記事(2019年7月分)
7月6月5月順位タイトル(PV)

28 7月

DELL Dimension 3100C 点検と掃除

DELL Dimension 3100Cには、Windows Xp sp3 がインストールされています。
久しぶりに点検と掃除をすることにしました。


 DVDドライブはオリジナルが黒ベゼルのROM、これをクリームベゼルのDVDマルチドライブに変更しています。
P_20190728_112338_vHDR_On

ネットにはつながず、電源を入れて起動を確かめます。
P_20190728_093959_vHDR_On

P_20190728_094007_vHDR_On
 順調にXpが起動しました。
P_20190728_094038_vHDR_On

P_20190728_094110_vHDR_On
 Microsoft Security Essentials は期限切れとのメッセージ

カバーを開けてみる。
P_20190728_094230_vHDR_On

P_20190728_094300_vHDR_On

P_20190728_094304_vHDR_On

P_20190728_094317_vHDR_On

P_20190728_094324_vHDR_On

P_20190728_094344_vHDR_On

P_20190728_094350_vHDR_On

P_20190728_094605_vHDR_On
 DVDとHDDを取り外しました。
P_20190728_094649_vHDR_On

P_20190728_100209_vHDR_On
 電源ユニットも下の金属ベロを押すと外せます。
P_20190728_094614_vHDR_On
 220W +5 +12 -12 3.3 各電圧が出ます。
P_20190728_100757_vHDR_On
 電源のケースを開けて、埃を掃います。
P_20190728_100810_vHDR_On
 FAN周辺は埃が多い
P_20190728_100826_vHDR_On
 掃除をしたらケースを閉め元に戻します。

 DELLのCPU FANは独特の形状と取り付け方
P_20190728_103430_vHDR_On
 両側のリテンションネジを回すとくるりと上に半回転して外れます。
P_20190728_103638_vHDR_On
 さらにヒートシンクのフィンも外すことができます。
P_20190728_103544_vHDR_On
 FANを外すとCPUが見えてきます。

P_20190728_104733_vHDR_On
 Celleron D326 SL7TU 2.53GHz/256/533でした。
P_20190728_105104_vHDR_On
 清掃が終わって、CPUグリスを塗って元に戻します。


 元に戻して電源ON
P_20190728_094230_vHDR_On

P_20190728_094038_vHDR_On

 HDDはWD1600JS 160GBでした。発熱が酷いので別のHDDにOSをクローンしようと思います。このXpマシンもあと暫くレトロPCとして保管しておきます。


26 7月

DELL Optiplex GX1 Slim Type 掃除

DELL Optiplex GX1に Windows 98 Second Edition がインストールされています。筐体は Slim Type です。

P_20190721_163716_vHDR_On

P_20190721_162845_vHDR_On

カバーを開けてみる。
P_20190726_152942_vHDR_On

P_20190726_153000_vHDR_On


P_20190726_153435_vHDR_On
 パラレルケーブルのコネクタ周辺、掃除します。

P_20190726_163041_vHDR_On
 懐かしいSLOT1です。下駄をはかせて、FC-PGA2のCelleron 1.3Ghzに入れ替えています。
P_20190726_163050_vHDR_On
 CPU FAN辺りもゴミを取る。
P_20190726_163301_vHDR_On

 その後電源ユニットを取り出し、カバーを外して掃除をしました。

P_20190721_162845_vHDR_On

P_20190721_163244_vHDR_On

 ソフトはあまり入れていないので、起動は少し遅いが、シャットダウンは素早かった。98マシンはあと暫くレトロPCとして保管しておきます。


14 7月

DELL Optiplex GX60 修理 あきらめる

DELL Optiplex GX60 修理 あきらめる
 その1 原因究明編
 その2 マザーボード死にました。修理出来ず。

P_20190714_174908_vHDR_On
 10年以上前によく使っていたDELLのWinXPマシンです。

1. 起動しない
 IDE HDDのテストをしていたら何度目かで電源が入らなくなりました。BIOSのリチウム電池を交換しても起動しません。交換時にパチッという音がしました。

P_20190714_163511_vHDR_On
 基板上に電解コンデンサーの頭に液漏れを発見しました。液漏れした1500μF6.3Vを手持ちの1000μF16Vに交換することにしました。

2. マザーボードの取り外し
 DELLサイトからマニュアルをDL。各種ケーブルを抜き、電源ユニットを外し、サブシャーシからマザーボードを外しました。この時この方の情報が大変参考になりました。
P_20190714_161459_vHDR_On

P_20190714_163518_vHDR_On
 マザーボードのケーブルを全て抜く

P_20190714_165515_vHDR_On
 サブシャーシの外し方とその後のマザーの外し方は他の方の情報が必要でした。

P_20190714_165541_vHDR_On
 マザーボードの裏

P_20190714_165607_vHDR_On
 1500μF

P_20190714_172530_vHDR_On
 1000μFに交換。太いので下に入らない。

2. やはり起動しない
 コンデンサを変えて組み立て電源を入れましたが、まったく起動しませんでした。パチッと音がしたのは電源ユニット内部かもしれません。

3. チップが燃えた
 純正電源ユニットとは別のATX電源をつないで起動させたところ、パチッと音がなって下の四角いチップから白い煙が出てきました。これでマザーボードはお釈迦となりました。
P_20190714_161529_vHDR_On
 ノースブリッジだかサウスブリッジだか?

4. 部品取りへ
 今さらチップやマザーボードを交換するつもりはありません。適当に部品取りとします。純正電源ユニット、CPU+FAN、3.5FDD+HDD、DVD-ROMなどいつかまた日の目を見るでしょう。





1 7月

当ブログの人気記事(2019年6月分)

当ブログの人気記事(2019年6月分)
6月5月4月順位タイトル(PV)
29 6月

TV 録画用 IO-DATA製 HDC-U500 HDD 2TBに換装(実験)

  古い物どうしを上手く組み合わせる

TV録画用 IO-DATA製 HDC-U500 (2007年製) に HDD 2TB (2011年製) 換装(実験)

(はじめに)
 TV録画用として今も使っているアイ・オー・データ製の500GB SATA2のHDDを2TBに交換して動作するかの実験。手もとに2011年製のWD20EARSという古い2TBのHDDがあったのでこれに交換して使ってみる。Crystal Disk Infoで注意表示(回復不能セクター有)になっているが異音などは全くない。


(現在の録画環境)
東芝Regza 42Z3500 USB HDDは1台のみ接続可 2台以上同時接続不可
録画用HDD アイ・オー・データ2007年製 HDC-U500(SATA2 500GB Samsung HA500LJ)
P_20190629_125914_vHDR_On

P_20190629_125822_vHDR_On


(HDD交換)500GBを取り出し、2TBに入れ替える
TVの機器設定>レグザリンクでUSB-HDDを切り離しておくこと。

P_20190629_112352_vHDR_On

P_20190629_112925_vHDR_On
 500GB(SATA2  Samsung HA500LJ)
P_20190629_113154_vHDR_On

P_20190629_113211_vHDR_On
 SATA2 USB2.0 変換基板
P_20190629_113258_vHDR_On

P_20190629_113311_vHDR_On

P_20190629_113420_vHDR_On

実験用2TB(SATA3 WD20EARS 2011年製)Crystal Disk Info「 注意:回復不能セクター有」をあらためて全領域NTFSでフォーマットし交換

P_20190629_113838_vHDR_On

P_20190629_114130_vHDR_On

(実験)
 TVの電源を完全に切って、2TBを接続。その後主電源ON。TVリモコンの電源ON。USB-HDDが認識されたら初期化し登録。
P_20190629_121050_vHDR_On
 機器の登録:念のため500GBとは別の名称
P_20190629_121317_vHDR_On
 HD録画 OK HD同時再録 OK


(内部HDD交換の練習)
下の写真のように筐体からHDD・基板を取り出す。
HDDの切り離し、HDD交換、機器の登録、再録チェック、録画などの手順を繰り返し行い録再の確認する。
P_20190629_122228_vHDR_On
  上:2TB  下:500GB  交換の際はTVの主電源OFF

何度か交換を繰り返し手順が分かったので、元の500GBのHDDに戻して実験を終了した。以前の500GBの録画番組は消えることなく正しく再生できた。


(実験結果)
・アダプタ基板はSATA2規格だが、SATAT3のHDDに交換しても動作した。
・容量2TBでも認識し動作した。録画は5分間で1回ずつ行った。
・HD録画時間は全196時間と約4倍となっていた。
・同一のSATA USB アダプタで2台のHDDを交換して使用する場合、USB-HDDの機器名は変更しなくても良かったが、最初は機器の名称を別にして登録した方がミスを防ぎ、区別しやすい。
・交換する前は、必ず機器の切り離しを行う事。
・2TB HDDを認識したが、全領域に録画できるかは使ってみないと分からない。
Regza Z3500シリーズは USB HDD 3TB 1000番組までの制限があるようだ。


(追加実験 2019/07/05)
録画用ハードディスクBuffalo HD-EDS2.0U3-BA(USB3.1 Gen1)に入っているシーゲート2TB HDDを取り出し、上記WD20EARS 2TBに入れ替えてみた。
・Regzaに登録した名称HDD2TBですんなり接続できた。
・HDC-U500に入れた時に録画した番組も再生できた。
・あらたな番組も録画・再生もできた。
・HDD内にRegzaに登録された名称で認識されるので、HDDに接続するUSBのインターフェース(=外付けケース)が変わっても大丈夫ということが判った。
関連画像


26 6月

パナソニック コードレス電話 子機のバッテリーの自作

パナソニックコードレス電話子機のバッテリーの自作
 
(製作その1)ダイソーNi-MH3個
(製作その2)バッテリーケースに収納

P_20190626_173348_vHDR_On
 左:自作バッテリー充電中 右:ROWAの互換バッテリー充電中

(はじめに)
 パナソニックのコードレス電話子機のバッテリーが寿命を迎えつつあるようです。話しているうちにピーピーと音が鳴ります。バッテリーが無くなった証拠です。子機が2台あるので、1個は通販でROWAの互換品を買い、もう1個は自分で作ることにしました。ネットの情報を参考にしました。

(充電池の調達)
 ダイソーで百均のNi-MH充電池を3個買ってきて、充電池同士をケーブルで半田付けします。
P_20190626_111243_vHDR_On
 物干竿カバーを熱収縮(ヒシ)チューブとして代用しようとしましたが、結局無くても大丈夫でした。

(製作その1)
P_20190626_113222_vHDR_On
 電池端子に抵当なケーブルを半田付け

P_20190626_114059_vHDR_On
 左上:Panasonic KX-FAN51 右上:ROWA HHR-T407
       下:自作充電池(極性と配線に注意)

P_20190626_173246_vHDR_On
 隙間は厚紙とグルーで適当に埋めました。
 ガタつかないかしばらくこれで様子をみます。充電OK

(製作その2)
Panaのニッケル水素充電池のオレンジ色のラベルを剥がすと中の充電池が取り出せました。
P_20190628_111117_vHDR_On
 両端の樹脂カバー・充電池が簡単に取り出せる

P_20190628_111944_vHDR_On
 極性に注意してカバーをかぶせる

P_20190628_112032_vHDR_On
 ラベルを張りなおす

P_20190628_112128_vHDR_On
 +端子や-端子の半田の出っ張りは子機端子のバネで吸収できる

P_20190628_112147_vHDR_On
 上:中身はDaiso製Ni-MH 下:元のPana製のNi-MH

P_20190628_112350_vHDR_On
 再生した充電池を子機に収める。厚紙でバッテリーパックを押しています。



2 6月

ダイソー 200円 ナイトライト 検証 と 改造

 暗くなると自動点灯するナイトライトは我家の必需品

(2019/06/02下記改造後設置)順調に動作中
(2019/06/14 再改造 実験4参照)

P_20190604_194512_vHDR_On
 上:ダイソー200円改造品 下:ヤザワ2個467円改造品

 格安ナイトライトは改造して初めてまともな動作をする。ダイソーの100円の貝型(写真)、ヤザワの2個467円のナイトライト(円筒形)を改造して使っている。

【改造のポイント】
1. 十分暗くなって点灯 SCRのトリガー電圧調節・CDSの抵抗値変更
2. 適度な明るさ    LEDに流れる電流の制限
3. 発熱しない     回路全体の電流の制限・コンデンサの容量(つまりリアクタンス)変更(参考記事はこちら


【ヤザワ製の改造】
 ダイソー製とそっくりだが少し高いだけあって作りは良い。(改造記事はこちら

【ダイソー製200円】
 筒形ナイトライト(写真)以前300円のものがあった。

最初に結論】
 1. ヤザワの2個467円の作りと比べて、ダイソーのは200円にしては作りが雑。
 2. 常夜灯としてはLEDが明るすぎる。また抵抗の発熱が酷い。すぐ壊れそう。
 3. 改造したらかなり良くなった。

 DAISO_100_200_Night_Light.pg

P_20190602_213508_vHDR_On
 改造前のオリジナル回路と改造後の回路
R1:150Ω1/8W R2:150Ω1/8W R3:470KΩ1/8W R4:1.5MΩ1/8W
C1:0.47μF250V C2:10μF50V D1~D4:整流用ダイオード CDS 橙色LED
SCR:PCR606J


P_20190602_191232_vHDR_On
 基板裏

【オリジナルの動作確認】
P_20190602_163048_vHDR_On

 オリジナル基板でCDSに袋をかぶせて点灯させる。しばらくするとR1とR2付近から特有の臭いが出てくる。AC抜いて触ると熱い。

P_20190602_163645_vHDR_On
 茶色はC1:CBB2の474=0.47μF250V

 この容量でR1両端の電圧はAC2.6V。計算上は約17mA流れて44mWの発熱。1/8Wというのは、0.125W=125mWなので、これで持ちそうだが実際は抵抗が発熱して匂って来た。

【実験手順】
実験1:抵抗のワット数を変更。コンデンサの容量を1/2に変更
実験2:コンデンサの容量をさらに減らす
実験3:1/8W抵抗3本並列
実験4:CDSに抵抗を並列


P_20190602_171226_vHDR_On
 実験1
 青い抵抗は、100Ω1/2Wと50Ω1/2Wの直列で150Ω1/2W。茶色いコンデンサは、474=0.47μFを2個直列にして0.235μFとした。このケースでは、150Ωの両端のAC電圧は1.2V。計算上は約8mA流れて9.6mWの発熱。抵抗の発熱はあまり感じなくなった。LEDの明るさはやや弱くなった感じ。

P_20190602_171749_vHDR_On
 実験2
 コンデンサを青い124=0.12μFに交換した。このケースでは、150Ωの両端のAC電圧は0.5V。計算上は約3.3mA流れて1.7mWの発熱。抵抗の発熱は感じなくなった。LEDの明るさは弱まった感じだが、十分明るい。この砲弾型LEDの両端の電圧は2.6~2.8Vだった。

P_20190602_185358_vHDR_On
 実験3
 510Ω3個並列したものを2組作り、R1・R2と交換。青いフィルムコンデンサ0.12μFも交換して基板に半田付けした。このケースでは、抵抗の両端のAC電圧は0.5~0.6V。計算上は約3.5mA流れて約2.1mWの発熱。3個の抵抗とリード線からも放熱するので発熱はあまり感じない。

P_20190602_190155_vHDR_On
 赤外線温度計で測定すると周囲温度約20℃に対して25℃程度なので、真夏35℃としても発熱は50℃以下に抑えられるはず。真夏の常夜灯としても十分使用に耐えると判断した。

P_20190602_190443_vHDR_On
 交換した抵抗とコンデンサ

P_20190602_191315_vHDR_On
  交換したコンデンサ

P_20190602_200705_vHDR_On
 CDSに並列に39KΩをかます。39KΩの位置がずれているが回路図的にはちゃんと並列になっている。

 実験4
 暗くなるとCDSの抵抗値が上昇してSCRがトリガーされLEDに電流が流れ点灯する。オリジナルでは少し暗くするだけでLEDが点灯した。十分暗くなってから点灯させる方法の一つとして、CDSに並列に抵抗をかますことが有効なことはこれまでの改造で分かっている。
 CDSに平行に100KΩの半固定抵抗をかまして、ぐるぐる回し、好みの暗さでLEDが点灯する場所を選ぶと34KΩだった。33KΩと39KΩの中間なので、今回は39KΩ1/8WをCDSにかますことにした。結果オーライ。
 廊下に設置したところ、暗くなるとパッと点灯し、天井灯をつけると瞬時に消灯した。これで目標達成。
(2019/06/14追記)
 もう少し暗くなってから点灯するように、39KΩ1/8Wを33KΩ1/8Wに変更した。


【発熱問題】
 常夜灯として下向きに設置。点灯中は部品の入っている上部に少し発熱が感じられる。オリジナルと比べると格段に少なくなり長寿命が期待される。


P_20190602_213508_vHDR_On
 回路図(再掲)

 改造・交換するパーツのまとめ
1. 抵抗の発熱対策
  R1・R2を、510Ω1/8Wを3個並列にし170Ω約1/3W として交換
2. 回路の電流、LEDの明るさ制限
  C1:474=0.47μF250V を124=0.12μF250Vに交換
3. 十分暗くなってから点灯
  CDS に並列に39KΩ1/8Wをかます。

【さらに改良】
 ダイソー200円のLEDはかなり明るく電球色より白色に近い。ヤザワの円筒形にもダイソーのカラーセロファン・オレンジ色を巻き付け改良した経験がある。
 今回もプラ円筒形の内側にカラーセロファンを巻き付けよりオレンジ色に近くなるよう改良した。LEDを赤マジックで塗るとオレンジ色がより強みを増した。

P_20190604_193616_vHDR_On


P_20190604_193949_vHDR_On


P_20190604_194428_vHDR_On
 上:ヤザワ改(フィルム巻付け済)下:ダイソー改

P_20190604_194335_vHDR_On
 上:ヤザワ改は暗く点灯するようにしてベッドサイド用
 下:ダイソー改は明るいので階段照明用


P_20190604_194551_vHDR_On
 上:ダイソー改 下:ヤザワ改

P_20190604_194512_vHDR_On
 上:ダイソー改(未だ白っぽい)下:ヤザワ改(オレンジ)

【設置場所について】
・暗いヤザワ改は寝室の入り口に設置。トイレに行く時のドアの位置が分かるだけの光量でよい。
・明るいダイソー改は夜間の階段を照らすように設置した。階段の天井灯が点灯するとこれはすぐに消灯する。

1 6月

当ブログの人気記事(2019年5月分)

当ブログの人気記事(2019年5月分)
5月4月3月順位タイトル(PV)

最新記事50件
記事検索
ギャラリー
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除
  • DELL Dimension 3100C 点検と掃除